アイルランド

アイルランドで冒険ドライブ

首都ダブリンの主要スポットを含めた市内散策はもちろん、人気の地方都市ゴールウェイや世界遺産もある北アイルランドにも足を伸ばしてみてはいかがでしょう。

アイルランドはヨーロッパ北西端に位置する島国。フレンドリーな国民性で知られ、旅行者にとって旅しやすい国の一つです。そんなアイルランドの西海岸のワイルド・アトランティック・ウェイで大自然を巡るドライブコースはいかがでしょう? 荒涼としたアイルランドの風景、ドラマチックな大自然、豊かな地元文化を体験できます。

アイルランドの最北端にあるのはイニシュオーウェン半島。その半島の先端にあるのがマリン・ヘッド。ここは何百年以上にもわたり、大西洋の波が激しくぶつかり、ドラマチックな割れ目を刻んできました。まさに海が形作る自然の彫刻です。この辺りにはカツオドリ、ミズナギドリなどの渡り鳥の姿も見られます。ファナード・ヘッド岬では、灯台やビーチの素晴らしい風景を楽しめます。スリーヴ・リーグは欧州で最も高い海辺の岸壁とも言われ、頂上の絶壁からは大西洋の広大な風景を眺めることができます。その後荒々しい西海岸沿いのサーフィンスポットであるマラモア・ヘッドを通り、さらに南下すると、バリーキャッスル村にあるダウンパトリック・ヘッドは海抜38メートルの美しい岬。この岬付近には廃墟の教会、石の十字架、聖なる井戸などが残り、また伝説や民間伝承が数多く残っています。
その後橋を渡って、メイヨー県のアキル島へ。立ちはだかる岸壁、荒々しい山肌、風が吹きぬける砂浜といった自然を感じながらドライブ。このキーム・ストランドの謎めいた島では、山麓の隠れた村の奇妙な居住地跡を歩きまわります。
その後もアイルランドの冒険があなたを待ち受けています。美しいフィヨルドで知られるキラリー港はムール貝の産地。ドライブ休憩して地元のシーフードを味わってみましょう。とても静かで落ち着いた港で、世界的に有名な哲学者ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタインが友人のコテージに滞在したのもこの場所です。
フラッギーショアの美しい海岸線をドライブしたあとにたどり着くのはデリーギムラ湿原。この極めて珍しく野生的で謎めいた湿原を探検するには、車から降りてレンタサイクルをしてみましょう。
野生的なドライブのハイライトは荒々しい大西洋に横たわるモハーの断崖。アイルランドで最も人気の高い観光スポットの一つで、ここは日本でもよく知られています。ユネスコが認定するグローバルジオパークの一部となっているこの断崖は、海抜120メートルの高さで聳え立ち、オブライエンの塔の北にある岬ハグズ・ヘッドで最大の高さ(214メートル)に達します。地名のモハーとは、かつてこの断崖の岬に立っていた古い要塞の名前に由来します。断崖からはアラン諸島、コーンメイラのトゥエルブ・ベンズとゴールウェイ湾、そしてディングル半島の素晴らしい風景を一望できます。
その後、クレア県の岬ループ・ヘッドへ。ここはワイルド・アトランティック・ウェイの中心地で、何マイルにもわたる花崗岩の岸壁に大西洋の荒波がぶつかる風景を眺めながら、半島の先端を目指します。先端には灯台があり、その頂上まで登ると、ケリーからモハーの断崖までの美しいパノラマを見ることができます。ループ・ヘッドは2013年にIrish timesによる「アイルランドで最高の休暇先」に指名されました。