お客様への安全のお願い

アラモはお客様の旅行が安全で楽しい体験であるよう祈っております。 ぜひ、下記、安全注意事項をレンタル前にご覧くださいませ。 その他、お子様用のチャイルドシート、24時間緊急ロードサイドアシスタンス、地図なども提供しております。

安全でハッピーなドライブのためのステップ

Know your route!
営業所のカウンターを去る前に行き先への道案内、フリーウェイの入り口、出口などを前もって調べておくことをお勧めします。 各営業所には周辺地図が用意されていますし、不明な点は、アラモのスタッフが喜んでお手伝いいたします。

Roll'em up!
車から少しでも離れる際は必ず鍵を閉めてください。走行中も窓は開けない様に心掛けてください。

No free rides!
ヒッチハイカーは決して乗せないようにしてください。

Know your car!
ご利用の前に必ず車の装備(ドアロック、ヘッドライト、スペアタイヤ等)が正常に装置されて作動するかご確認ください。

Hide your valuables!
お荷物は全てトランクやダッシュボード等、外部から見えない場所に保管しましょう。外国では盗難が多発しています。 貴重品などを車内に残して長時間、車を離れるなどの行為はお避け下さい。

Fasten Seatbelts!
シートベルトの着用は法律で義務づけられていますので必ずお守り下さい。 チャイルドシートが必要となるお子様を乗車させる際は、ガイドラインに従い後部座席に装着するようにお願いします。チャイルドシートを必要としないお子様も後部座席に座らせ、常にシートベルトを着用してください。

Ready, check, go!
車の駐車は明るい安全な場所をお選びください。 車の乗車の際は、鍵は必ず手に持ち、ドアを開ける前に後部座席に誰もいないことを確認してください。車の乗車後はすぐに鍵をロックしてください。

Use common sense!
強盗に遭遇した場合、所有物は速やかに渡すようにしましょう。 無理な抵抗はせずに、お客様の身の安全を第一に考え行動しましょう。

Avoid short cuts!
常に明るいメインストリートを利用するように心掛けましょう。

Call 911!
身の危険を感じた際は明るい場所を探し、警察に連絡してください。アメリカ国内のほとんどの地域において、警察の連絡先は911となります。 *他国の警察の連絡先は異なります。

Car problems?
車に異常な事態が発生した場合や、事故にあった場合は、速やかにアラモの緊急ロードサイトアシスタンス、フリーダイアル 1-800-803-4444までご連絡ください。日本語での翻訳が必要な方は、”Japanese Speaking Agent、Please”とお申しつけください。

Don’t Stop!
運転中に、他のドライバーから車の異常を指摘された場合は、その場で車を止めず、近くのガソリンスタンドや明るい安全な場所まで進んでください。

重要事項

車の鍵
運転者が鍵を車内に忘れたまま、車をロックしてしまう件が増えています。 車のエンジンを止めたらすぐに鍵をポケットに入れると、車内に置き忘れを防げるでしょう。 もしも、鍵を車内に置き忘れてロックしてしまったり、鍵を無くしてしまった場合は、アラモのロードサイトアシスタンスにご連絡ください。 その際、手数料が請求されますのでご了承くださいませ。

事故の際
もしも事故が起こった場合は警察が現れるまで現場を離れないでください。 後、保険の請求の為や、あるいは保険が無効にならない為にも、ポリス レポートを警察から受け取るようにしてください。 事故報告が完成し、問題事項がない限り、最寄りの営業所から代わりのレンタルの手続きが可能です。